大物ランサムウェア攻撃犯三人の「転職」 | ScanNetSecurity
2024.05.30(木)

大物ランサムウェア攻撃犯三人の「転職」

 2021 年 10 月 18 日は、ランサムウェア業界にとって厄介な一日だった。まず、ランサムウェアREvil を運営する犯罪組織のサーバに何者かが侵入、それに続いて、重要な役割を担う 3 名の人物が職を変えたのだ。

国際 TheRegister
大物ランサムウェア攻撃者三人の「転職」
大物ランサムウェア攻撃者三人の「転職」 全 1 枚 拡大写真

 2021 年 10 月 18 日は、ランサムウェア業界にとって厄介な一日だった。まず、ランサムウェアREvil を運営する犯罪組織のサーバに何者かが侵入、それに続いて、重要な役割を担う 3 名の人物が転職したのだ。

 スペインの金融サービス大手、サンタンデールグループのサイバーセキュリティアナリスト、ファン・アントニオ・ヴェラスコ氏がその顚末を語った。ヴェラスコ氏は、脅威調査及びセキュリティソフトウェア企業Group-IB が開催したイベント「CyberCrimeCon 21」で、Orange、MRT、Kajit、999 という 4 名のランサムウェアアクターの最近の転職の経緯について述べた。

 彼らは全員、しばらく前からさまざまな犯罪組織で活動していた。Orange は、ロシアを中心に活動する組織Ramp でメインの管理者を務めていた。彼あるいは彼女は、ランサムウェア組織Babuk が 2021 年 4 月にワシントンDC首都警察をランサムウェアに感染させ面目を失わせた後、どんな活動をしていたか詳しく語っている。


《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  2. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  3. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  4. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る