リチェルカセキュリティ、GitHub上で国産ファジングフレームワーク「fuzzuf」をOSSとして公開 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

リチェルカセキュリティ、GitHub上で国産ファジングフレームワーク「fuzzuf」をOSSとして公開

 株式会社リチェルカセキュリティは2021年12月28日、国産ファジングフレームワーク「fuzzuf」バージョン0.1.0をGitHub上でオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社リチェルカセキュリティは2021年12月28日、国産ファジングフレームワーク「fuzzuf」バージョン0.1.0をGitHub上でオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。

 fuzzufは、多種多様なファジングアルゴリズムを統合されたインターフェイスで扱えるフレームワークで、既存のファジングアルゴリズムを組み替え、新たなアルゴリズムを作り出せるドメイン固有言語「HierarFlow」を備えている。

 fuzzufでは、マルチプラットフォームに対応可能なAFL、VUzzer、libFuzzerを含む複数のファザーが実装され、ユーザーによるさらなる拡張も可能。

 ファジングによる脆弱性検出に関心のある研究者・開発者に向けたバージョン0.1.0では、ファジングアルゴリズムの実装コストを低下させ、再利用性を向上させる機能を含んでいる。

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

  10. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

ランキングをもっと見る