Huawei Cloud のサービスを狙う新規Linuxマルウェアの攻撃手口、トレンドマイクロ 解説 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

Huawei Cloud のサービスを狙う新規Linuxマルウェアの攻撃手口、トレンドマイクロ 解説

 トレンドマイクロ株式会社は1月19日、Huawei Cloud上のサービスを狙う新規Linuxマルウェアの攻撃手口をブログで解説している。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 トレンドマイクロ株式会社は1月19日、Huawei Cloud上のサービスを狙う新規Linuxマルウェアの攻撃手口をブログで解説している。

 同記事では、Huawei Cloud向けアプリケーションやサービスを削除する不正コードを利用するLinux向けマルウェアの新たな手口について説明している。不正コードは、セキュリティ問題の検出やシステムの保護、エージェントの監視を行うHuawei Cloud Linuxのエージェントプロセスである「hostguard」のサービスを無効化し、さらにパブリックイメージにデフォルトでインストールされているElastic Cloud Service(ECS)インスタンスのパスワードをリセットさせる「CloudResetPwdUpdateAgent」というオープンソースのプラグインエージェントも含まれている。これらより、攻撃者はHuawei Cloudの脆弱なECSインスタンスを標的にしていると同社では推測している。

 同社で今回、確認した攻撃キャンペーンを調査したところ、2020年のTencentブログで取り上げられた攻撃キャンペーンの古い検体との関連性が判明している。この検体は、コンテナ環境を標的としており、ペイロードの1つがネットワークスキャナを作成しコンテナAPIとして使われるポートを備えた他のホストをマッピングする動作と、コンテナAPIのポートを開くためのファイアウォールルール作成という2つの動作から、今回の攻撃キャンペーンとの関連性を指摘している。

 また同社では、攻撃キャンペーンについての興味深い動作としてもう1点、The Onion Router(Tor)プロキシサービスをインストールする点を挙げ、これによりマルウェアによる不正な接続が匿名化されると言及している。

《高橋 潤哉》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop