開催 3/10:DMARC検討中企業へ向け、EU圏の状況を報告 ~ TwoFive セキュリティウェビナー2022春 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

開催 3/10:DMARC検討中企業へ向け、EU圏の状況を報告 ~ TwoFive セキュリティウェビナー2022春

 株式会社TwoFiveは「TwoFive セキュリティウェビナー 2022 春」を3月10日に開催する。「EUでのDMARC、日本でのDMARC導入事例」をテーマに講演する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
PR

 株式会社TwoFiveは「TwoFive セキュリティウェビナー 2022 春」を3月10日に開催する。「EUでのDMARC、日本でのDMARC導入事例」をテーマに講演する。

 Halon MTAを提供するHalon社のProduct ManagerであるFredrik Poller氏が登壇し(日本語字幕つき映像)、EUにおけるDMARCの展開と、展開を促進するインセンティブやケーススタディ、BIMI等を解説する。また、TwoFiveの桐原氏による国内でのDMARCの導入事例や導入による効果等についての報告も行われる。

 電子メールはひきつづきサイバー攻撃の有効なアタックサーフィスであり続けている。DMARCはなりすましメールの効果的な対策方法として主要国の政府によっては義務化もされているが、日本での導入は大きく遅れをとっている。こうしたセミナーの開催自体、これまで日本であまり例がなかった。

 「TwoFive セキュリティウェビナー 2022 春」は3月3日に前編が開催された。本来一回のみの開催を予定していたが、DMARCのEU圏での導入動向に詳しいHalon社のPoller氏の登壇が急遽調整可能となったことで、後編としてウェビナー開催を決めたという。

・概要
日時:3月3日午前11時~12時、3月10日午後3時~4時
開催方式:オンライン(Zoom)
参加費:無料
申込:Webから受付

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る