創業者は元「国家のハッカー」、サイバーリーズンがGoogleとAI駆動型XDR共同開発 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

創業者は元「国家のハッカー」、サイバーリーズンがGoogleとAI駆動型XDR共同開発

 サイバーリーズン・ジャパン株式会社は3月28日、Google Cloudと共同開発したAI駆動型XDR「Cybereason XDR powered by Google Chronicle」を、2022年夏に日本の企業・組織向けに提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「国家のハッカーとしてキャリアをスタートさせた」と語る米Cybereason社 創業者兼CEO リオ・ディヴ氏(記者向け発表会のビデオメッセージから)
「国家のハッカーとしてキャリアをスタートさせた」と語る米Cybereason社 創業者兼CEO リオ・ディヴ氏(記者向け発表会のビデオメッセージから) 全 1 枚 拡大写真

 サイバーリーズン・ジャパン株式会社は3月28日、Google Cloudと共同開発したAI駆動型XDR「Cybereason XDR powered by Google Chronicle」を、2022年夏(7月予定)に日本の企業・組織向けに提供開始すると発表した。

 同日に開催した記者向けのブリーフィングでは、米Cybereason社 創業者兼CEOのリオ・ディヴ氏がビデオメッセージで登場。自身が「国家のハッカーとしてキャリアをスタートさせた」と語り、攻撃者視点に裏付けられた同社製品の優位性をアピール、つづいてGoogleとのパートナーシップについて言及した。

 Cybereason XDRは、サイバーリーズンがGoogle Cloudと共同開発したAI駆動型XDR(Extended Detection and Response)で、Google Cloudと提携することで、エンドポイントのログデータに加え、ネットワーク、ID管理・統合認証、クラウド、ワークスペースを含むIT環境全体から膨大な量のデータを、データレイクとして機能するGoogle Chronicleに集約し、正規化する。

 Cybereason XDRで一元化したエンドポイント、ネットワーク、ID管理・統合認証、クラウド、ワークスペースを含む、企業・組織のIT環境全体のログデータを自動で相関解析し、サイバー攻撃の検知、把握、予測を行うことで、企業・組織のセキュリティ環境を包括的に強化することが可能となる。

 また、一つのプラットフォーム上で組織内部の情報資産を多⾯的に監視し、すべての攻撃アクティビティを直感的に視覚化し、管理画面で関連付けられた情報を把握でき、調査時間を短縮できる。

《高橋 潤哉》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop