2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止 | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

 デジタル庁は5月17日、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」の無効化について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 デジタル庁は5月17日、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」の無効化について発表した。

 e-Govでは現在、通信暗号化方式「SSL3.0」及び「TLS1.0」「TLS1.1」「TLS1.2」の利用を許容しているが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開した「TLS暗号設定ガイドライン 3.0版」で「SSL3.0」が利用禁止とされていること、「TLS1.0」「TLS1.1」について非推奨とされていることを踏まえ、2022年8月末で「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」 の利用を無効化する。2022年9月以降は、「TLS1.2」での通信のみを有効とする。

 現在、「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用している場合、2022年9月以降、e-Govを利用できなくなるため、ブラウザで「TLS1.2」が利用可能な設定となっているか確認するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

    つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

  2. 尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

    尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

  3. また上野宣が社外取締役、GSX選任

    また上野宣が社外取締役、GSX選任

  4. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  5. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

  6. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

    DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?PR

  7. MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

    MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

  8. 矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

    矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

  9. 障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

    障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

  10. イエラエ CSIRT支援室 第 27 回 ペネトレーションテスト「OSINTとは」前篇

    イエラエ CSIRT支援室 第 27 回 ペネトレーションテスト「OSINTとは」前篇

ランキングをもっと見る