公安調査庁「国際テロリズム要覧2022」、テロ組織の暗号資産活用や重要インフラへのサイバー攻撃 ほか | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

公安調査庁「国際テロリズム要覧2022」、テロ組織の暗号資産活用や重要インフラへのサイバー攻撃 ほか

 公安調査庁は6月28日、「国際テロリズム要覧2022」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 公安調査庁は6月28日、「国際テロリズム要覧2022」を公開した。

 同庁では国際テロリズムの潮流と各種組織の実態を把握し、整理するために、1993年から「国際テロリズム要覧」を発刊しており、「国際テロリズム要覧2022」では、主に2022年1月までのテロ事案やテロ組織の動向に関する国内外の報道、国際機関、諸外国の政府・研究機関等が発表した資料等の公開情報を整理し、取りまとめている。

 同資料では、即時性、匿名性等に特徴がある暗号資産について、テロ組織等による暗号資産の主な利用事例を掲載し、注意を要すると指摘している。

 またサイバー空間を巡るテロの脅威として、イスラム過激組織との関連が疑われる個人等による主なサイバー攻撃事案を掲載、「アルカイダ」が、機関誌「ワン・ウンマ」英語版第2号(2020年6月)で、サイバー空間での「ジハード」を「E-Jihad」と位置付けた上で、金融機関、航空システム等の重要インフラに対するサイバー攻撃を呼び掛けたことを紹介している。

 同資料は462ページのPDFで構成されWebからダウンロード可能。今後はオンラインで読みやすいよう再編集したページ「国際テロリズム要覧2022」を掲載予定。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  4. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  5. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  6. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  7. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

    個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  8. 高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

    高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  9. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

    スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  10. 「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

    「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

ランキングをもっと見る