医療スタッフ向け、ランサムウェアの正しい対応知識等の研修サービス開始 | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

医療スタッフ向け、ランサムウェアの正しい対応知識等の研修サービス開始

Society5.0は、医療施設で勤務する医療スタッフ向けに「サイバーセキュリティー事業」を開始すると発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 合同会社Society5.0は7月12日、医療施設で勤務する医療スタッフ向けに「サイバーセキュリティー事業」を開始すると発表した。全世界的に行われているサイバー攻撃により、医療機関でも深刻な被害が発生していることを受け、医療の安全・安心を推進することが目的。

 対策には、サイバー攻撃を回避するネットワーク環境の改善とともに、医療スタッフへのセキュリティ対策に対する教育研修が喫緊の課題となっていることから、同社は次の対策事業に取り組むとしている。

1:情報セキュリティ関連団体およびネットワーク関連企業と連携し、
2:医療施設への攻撃を回避するためのネットワーク設備の改善等を支援し、
3:医療スタッフの職種に合わせたセキュリティー教育研修を行う

 なお、当面の緊急対応としてクライシスマネジメント(事後策)の観点から

4:ランサムウェアのサイバー攻撃に対し、正しい対応知識を有した医療スタッフ育成を目的とした教育研修に着手する

 これらの研修は、サイバーセキュリティ専門団体、IoTおよび各種電子機器の保守管理に実績のある株式会社ワイ・イー・シーなどと連携し、主に400床以下で医療情報部が設置されていない医療施設と医療スタッフを対象に実施される予定。

 また、教育研修の例として、以下を挙げている。

<名称>
【医療スタッフ向け】サイバー攻撃に対処したセキュリティーセミナー

構成:セキュリティの3要素
コンテンツ:(1) システムを保護するために必要なこと
      (2) 情報資産を保護するために必要なこと
      (3) システム保護、情報保護のための鍵とは

構成:不正アクセスからランサムウェアによる業務停止事例
コンテンツ:(4) 典型的なランサムウェア事例
      (5) 病院での被害事例

構成:セキュリティ対策
コンテンツ:(6) 医療機関としてできること
      (7) 医療スタッフでなければできないこと

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  2. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  5. 不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

    不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

  6. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  7. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  8. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  9. 「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

    「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

  10. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

ランキングをもっと見る