現在も 12 %が業務で Internet Explorer を使用 | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

現在も 12 %が業務で Internet Explorer を使用

 バルテス株式会社は8月2日、「Internet Explorer 11 サポート終了に関するアンケート調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 バルテス株式会社は8月2日、「Internet Explorer 11 サポート終了に関するアンケート調査」の結果を発表した。

 同調査は、同社の運営する品質向上プラットフォーム「Qbook」で2022年6月28日から7月15日に実施、440名の回答があった。

 調査結果によると、現在の業務の中で「IEを使用している」と回答したのが12%、「EdgeのIEモードを使用」が35%となり、回答者の4割以上がIEサポート終了後もIE(EdgeのIEモード)を使用していることが判明した。

 IEあるいはEdgeのIEモードを使用する理由について尋ねたところ、「社内の業務システム上利用せざるを得ない」が65%で最多となり、次いで「顧客対応で必要」が17%であった。「自分が使い慣れている」、「社内でIEを使うよう決められている」といった回答も一定数見受けられた。その他の回答としては、一部のSaaSアプリでIEが指定されている、市販ソフトウェアでIE前提のものがある、などがあった。

 EdgeのIEモードの利用者に、IEと比べ挙動などに差異や問題があるか尋ねたところ、19%が「差異や問題がある」と回答した。差違については「読み込みスピードが違う」、「画面レイアウトの崩れ」、「いくつかの基幹業務システムが動作しない」、「30日毎にInternet Explorerモードページの設定が必要とされる」等が挙げられている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

    保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

  2. 入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

    入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

  3. JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

    JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

  4. 住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

    住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

  5. Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

    Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

  6. 社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

    社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

  7. マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

  8. 「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

    「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

  9. Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

    Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

  10. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

    GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

ランキングをもっと見る