フィッシングなりすましブランドのグローバル調査、日本はau・クレディセゾン・楽天の3つがランクイン | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

フィッシングなりすましブランドのグローバル調査、日本はau・クレディセゾン・楽天の3つがランクイン

 Vade Japan株式会社は8月29日、2022年第2四半期(4月~6月)のフィッシング及びマルウェアの検出状況をまとめた「2022年第2四半期フィッシングおよびマルウェアレポート」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 Vade Japan株式会社は8月29日、2022年第2四半期(4月~6月)のフィッシング及びマルウェアの検出状況をまとめた「2022年第2四半期フィッシングおよびマルウェアレポート」を発表した。

 同レポートによると、第2四半期にマルウェアに感染したメールは前四半期比で21%増加、マルウェアの活動は5月に前月比31%増と著しく増加傾向に転じ、6月にも前月比29%増と再び増加、Vadeでは合計6,830万件のマルウェアに感染したメールを検出している。

 フィッシングメールの数は第2四半期を通して前月比で増加し、6月には2022年1月以降最多のフィッシングメール数を記録、Vadeでは同四半期に1億5,460万件のフィッシングメールを検出している。

 Emotet に感染したメールは、ヨーロッパ全体に広がり続け、Vadeでは7万762件の攻撃を検出、前四半期比で44%増加している。米国でもEmotetは広まり続けているが、その量ははるかに少なく、同四半期に2,290件のEmotet攻撃を検出したが、前四半期比で32%減少している。日本では3,460件のEmotet攻撃を検出したが、日本に攻撃が集中した前四半期と比べ69%減少している。

 第2四半期にフィッシングでなりすましの多かったブランドについて。最多がFacebookで、続いて日本のauが2位に、3位がMicrosoft、4位がCredit Agricole、5位がWhatsAppとなった。ランキングのトップ25にはau、クレディセゾン(16位)、楽天(18位)の3つの日本のブランドがランクインしている。

《高橋 潤哉》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop