JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2021年版公表、事故原因最多は「誤送付」 | ScanNetSecurity
2023.02.07(火)

JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2021年版公表、事故原因最多は「誤送付」

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は10月7日、2021年度「個人情報の取扱いにおける事故報告集計結果」を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
原因別事故報告件数「その他漏えい」の内訳
原因別事故報告件数「その他漏えい」の内訳 全 1 枚 拡大写真

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は10月7日、2021年度「個人情報の取扱いにおける事故報告集計結果」を公表した。

 同資料は、2021年度中にプライバシーマーク制度運営要領に基づき、プライバシーマーク付与事業者に報告のあった個人情報の取扱いにおける事故等について、取りまとめ集計したもの。

 同資料によると、2021年度は1,045社の付与事業者から3,048件の事故報告があり、2020年度と比較すると、報告事業者数、事故報告件数ともに増加、2021年度末時点の付与事業者数に占める事故報告事業者の割合は6.2%で、2020年度の5.6%から増加している。

 事故原因は「誤送付」が最多の1,938件で63.6%を占め、「その他漏えい」が570件で18.7%、「紛失」が380件で12.5%と続いた。「誤送付」の内訳は、「メール誤送信」が最多の1,128件で37.0%を占め、「宛名間違い等」が353件で11.6%、「封入ミス」が333件で10.9%と続いた。「メール誤送信」は2020年度の764件と比較し、約1.5倍に増加している。

 「その他漏えい」(570件)の内訳は、「プログラム/システム設計・作業ミス(システムのバグを含む)」が最多の250件で43.9%を占め、「関係者事務処理・作業ミス等」が150件で26.3%、「不正アクセス・不正ログイン」が25件で21.)%、「口頭での漏えい」が38件で6.7%、「ウイルス感染」が7件で1.2%となった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

    ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

  2. 教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

    教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

  3. 不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

    不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

  4. 三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

    三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

  5. 尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

    尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

  6. 給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

    給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

  7. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  8. 東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

    東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

  9. WordPress 6.0.3 以前のバージョンにXSSほかの脆弱性

    WordPress 6.0.3 以前のバージョンにXSSほかの脆弱性

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る