無償の脆弱性管理プラットフォーム「S4」が運営費公開 ~ 600万円/月のキャッシュアウト | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

無償の脆弱性管理プラットフォーム「S4」が運営費公開 ~ 600万円/月のキャッシュアウト

 株式会社クラフは12月15日、オープンソースのセキュリティ・マネジメント・システム「S4」の運営費を一般公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社クラフは12月15日、オープンソースのセキュリティ・マネジメント・システム「S4」の運営費を一般公開した。

 S4は、同社が開発した、IT資産管理と脆弱性管理機能を提供するソフトウェアで、9月1日からWebサービス版の提供がはじまり、9月8日にはオープンソース化を、11月17日には無償プランの申込受付の一時休止を公表していた。

 2022年9月実績の運営費は、開発費が321万6,000円、デザイン費が100万円、管理費が126万9,000円、インフラ費が34,000円、販管費が81万1,000円の合計632万9,000円。

 同社では公開した運営費について、「セキュリティの社会課題であるサプライチェーンリスクに向き合い、一歩踏み出すためにかかる費用」とし、セキュリティ業界が等閑視したことで生じたサプライチェーンリスクによる被害で「未来の誰かが負担を強いられる社会的コスト」と表現している。

 同社では「社会的コスト」を誰が負担していくのか、早急に議論をはじめる必要性を訴えている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る