Apache Tomcatに保護されていない認証情報の送信の脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

Apache Tomcatに保護されていない認証情報の送信の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月23日、Apache Tomcatにおける保護されていない認証情報の送信の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月23日、Apache Tomcatにおける保護されていない認証情報の送信の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Apache Tomcat 11.0.0-M1から11.0.0-M2までのバージョン
Apache Tomcat 10.1.0-M1から10.1.5までのバージョン
Apache Tomcat 9.0.0-M1から9.0.71までのバージョン
Apache Tomcat 8.5.0から8.5.85までのバージョン

 Apache Tomcatには、httpsが設定されたX-Forwarded-Protoヘッダを含むリクエストをHTTP経由でリバースプロキシから受信し、RemoteIpFilterを使用している場合、Apache Tomcatが作成するセッションCookieにSecure属性が含まれない問題(CVE-2023-28708)が存在し、ユーザエージェントが安全でないチャネルでセッションCookieを送信する可能性がある。

 想定される影響としては、遠隔の第三者によってセッションCookie情報が取得される可能性がある。

 開発者は本脆弱性を下記のバージョンで修正しており、JVNでは開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートするよう呼びかけている。

Apache Tomcat 11.0.0-M3およびそれ以降のバージョン
Apache Tomcat 10.1.6およびそれ以降のバージョン
Apache Tomcat 9.0.72およびそれ以降のバージョン
Apache Tomcat 8.5.86およびそれ以降のバージョン

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  3. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  4. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  5. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  6. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  7. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  8. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  9. LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

    LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

  10. 東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

    東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

ランキングをもっと見る