75%がインシデントの根本原因特定に課題 ソフォス 3,000人調査 | ScanNetSecurity
2024.05.27(月)

75%がインシデントの根本原因特定に課題 ソフォス 3,000人調査

 ソフォス株式会社は4月28日、「サイバーセキュリティの現状2023年版:サイバー攻撃者が防御側組織のビジネスに及ぼす影響」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 ソフォス株式会社は4月28日、「サイバーセキュリティの現状2023年版:サイバー攻撃者が防御側組織のビジネスに及ぼす影響」を公開した。

 同レポートは2023年1月と2月に、14ヶ国のIT・サイバーセキュリティを担当するリーダー3,000人を対象にソフォスが独自に実施した調査結果に基づいたもの。

 同レポートによると、企業の93%(日本:91%)が脅威ハンティングなどのセキュリティ対策に不可欠なタスクの実行が困難と感じていることが明らかになった。

 組織が抱えている課題として、インシデントの根本原因を特定する能力に課題があると75%(日本:64%)の回答者が述べており、脆弱な部分を適切に修復できず、同じあるいは別の攻撃者から同じ手法の攻撃を繰り返し受ける恐れを指摘している。特に、調査対象となった71%(日本:60%)の組織が、迅速に修復する能力に課題があると報告している。

 また、75%(日本:64%)の組織が、本当に調査する必要があるシグナルやアラートを特定することが難しいと回答し、60%の組織が調査すべき問題の優先順位を決定することが困難と報告している。

 その他、調査対象となった52%(日本:49%)の組織が、サイバー脅威は高度化しすぎており自社での対処が困難になっていると回答している。

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  2. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  3. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  4. 2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

    2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

  5. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

  6. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

    2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  7. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  10. Proofpoint Blog 37回「RSAカンファレンス2024:現地レポート」

    Proofpoint Blog 37回「RSAカンファレンス2024:現地レポート」

ランキングをもっと見る