OpenSSLの POLY1305 MAC 実装に Windows 上の XMMレジスタが破損する問題 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

OpenSSLの POLY1305 MAC 実装に Windows 上の XMMレジスタが破損する問題

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月12日、OpenSSLのPOLY1305 MAC実装におけるWindows上のXMMレジスタが破損する問題について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月12日、OpenSSLのPOLY1305 MAC実装におけるWindows上のXMMレジスタが破損する問題(Security Advisory [8th September 2023])について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

OpenSSL 1.1.1から1.1.1v
OpenSSL 3.0.0から3.0.10
OpenSSL 3.1.0から3.1.2
※OpenSSL 1.0.2は本脆弱性の影響を受けない。

 OpenSSLのPOLY1305 MAC実装には、64バイトを超えるデータのMACを計算するときに、Windows 64プラットフォーム上の不揮発性XMMレジスタの内容を保存しないため、呼び出し元に戻る前にすべてのXMMレジスタは以前の内容に復元されずゼロに設定されるため、呼び出し側アプリケーションに様々な影響を及ぼす可能性がある。

 呼び出し側アプリケーションが不揮発性XMMレジスタの内容にどの程度依存しているかで影響は異なるが、アプリケーションに依存する計算結果が不正確になったりサービス運用妨害(DoS)状態にされることが想定される。

 OpenSSL Project では9月12日現在、深刻度が低であるため、本脆弱性の修正のみを目的とした修正を提供しておらず、OpenSSL gitリポジトリで、以下のcommitを提供している。次回リリースで今回のパッチを反映予定。

commit 4bfac447(3.1系ユーザ向け)
commit 6754de4a(3.0系ユーザ向け)

 なお、本脆弱性を修正した OpenSSL 1.1.1w をリリースしている。

 また下記のように、環境変数OPENSSL_ia32capを設定することで、実行時にAVX512-IFMA命令のサポートを無効にできる。

OPENSSL_ia32cap=:~0x200000

《ScanNetSecurity》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

    取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

  4. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop