9月のセキュリティ更新プログラムを公開、2つの脆弱性で悪用を確認 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

9月のセキュリティ更新プログラムを公開、2つの脆弱性で悪用を確認

IPAとJPCERT/CCは、マイクロソフトが「2023年9月のセキュリティ更新プログラム」を公開したことを受け、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)と一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月13日、マイクロソフトが「2023年9月のセキュリティ更新プログラム」を公開したことを受け、注意喚起を発表した。

 マイクロソフト製品などに確認された脆弱性を解消する「2023年9月のセキュリティ更新プログラム(月例)」が公開されたのは9月12日(米国時間)で、対象となる製品やコンポーネントも多岐に及んでいる。

 特に、CVE-2023-36802、CVE-2023-36761の脆弱性は、マイクロソフトが悪用の事実を確認済みと公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

 CVE-2023-36802は、Microsoft Stream Services サービスのプロキシの特権の昇格の脆弱性であり、ローカルでの攻撃ではあるものの、攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、SYSTEM特権を獲得する可能性がある。

 CVE-2023-36761は、Microsoft Word の情報漏えいの脆弱性であり、こちらもローカルの攻撃区分となるが、この脆弱性が悪用されると、NTLMハッシュが漏えいする可能性がある。プレビュー ウィンドウも攻撃対象になるとしている。

 これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってPCを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがある。

 IPA、JPCERT/CCともに、マイクロソフトが提供する情報を参照し、早急に更新プログラムを適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  3. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  4. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  5. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  6. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  7. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  8. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  9. LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

    LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

  10. 東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

    東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

ランキングをもっと見る