ECC学習支援システムへの不正アクセス、名古屋芸術大学の在籍学生586人の個人情報漏えいの可能性 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

ECC学習支援システムへの不正アクセス、名古屋芸術大学の在籍学生586人の個人情報漏えいの可能性

  学校法人名古屋自由学院は11月29日、株式会社ECCの学習支援システムサーバへの不正アクセスによる名古屋芸術大学での個人情報漏えいの可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真

  学校法人名古屋自由学院は11月29日、株式会社ECCの学習支援システムサーバへの不正アクセスによる名古屋芸術大学での個人情報漏えいの可能性について発表した。

 これは名古屋芸術大学が入学前英語テスト他、英検オンラインプラクティスで利用しているECCの学習支援システムサーバに外部から不正アクセスがあり、個人情報が漏えいした可能性を排除できないことが判明したとの報告があったというもの。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  2. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  3. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  4. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  5. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

ランキングをもっと見る
PageTop