東京外大に不正アクセス、約26,000件の迷惑メールを送信 | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

東京外大に不正アクセス、約26,000件の迷惑メールを送信

 国立大学法人東京外国語大学は2月26日、不正アクセスによる迷惑メールの送信について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 国立大学法人東京外国語大学は2月26日、不正アクセスによる迷惑メールの送信について発表した。

 これは同学メールシステムにて、利用者1名分のメールアカウントに不正アクセスがあり、2023年11月16日午後7時35分から11月18日午前5時6分頃までの期間、26,386アドレスに26,397件の迷惑メールが送信されたというもの。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

    不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

  2. イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

    イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

  3. 6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

    6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

  4. Webサーバにうっかり Excel 保存、3年のあいだ2,500名の学生情報にアクセス許す(札幌学院大学)

    Webサーバにうっかり Excel 保存、3年のあいだ2,500名の学生情報にアクセス許す(札幌学院大学)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

ランキングをもっと見る
PageTop