実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ

 国立大学法人東京大学は6月3日、東京大学役員を装った迷惑メールへの注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 国立大学法人東京大学は6月3日、東京大学役員を装った迷惑メールへの注意喚起を発表した。

 同学では、第三者が東京大学の構成員からの発信であることを騙り、実在しないメールアドレス(役員名@u-tokyo.ac.jp等) を使用して、学外のサーバから偽装発信していると推測される迷惑メールの報告が寄せられているという。

 同学では、東京大学の構成員を装った迷惑メールと思しきメールを受信した場合は、添付ファイルの開封や、メール本文中にあるURL(東京大学のURLを偽装しているものもある)を開かずに、削除するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  4. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  5. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

ランキングをもっと見る
PageTop