平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

警察庁は2月22日、「平成18年のサイバー犯罪の検挙及び相談状況について」という資料を公開した。同資料は2006年中のサイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)について総括したもので、それによると同犯罪の検挙件数は4,425件で前年(3,161件)より40.0%増加。2001年から

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は2月22日、「平成18年のサイバー犯罪の検挙及び相談状況について」という資料を公開した。同資料は2006年中のサイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)について総括したもので、それによると同犯罪の検挙件数は4,425件で前年(3,161件)より40.0%増加。2001年からの5年間で約3.3倍になったと報告している。

不正アクセス禁止法違反は703件で前年の約2.5倍、ネットワークを利用した犯罪は前年(2,811件)の27.8%増の3,593件、コンピュータまたは電磁的記録を対象とした犯罪は前年(73件)の76.7%増の129件と、すべてにおいて前年を上回った。また、検挙事件の内訳では、インターネット・オークション詐欺の多発、児童ポルノなど児童の性的被害に係る犯罪の増加が顕著となっており、ここ数年の犯罪傾向がより拡大していることがうかがえる。報告では、こうした犯罪数の増加と併せて、ネットを利用した共犯者の募集や他人名義口座の調達などといった犯行の組織化、高度化の傾向についても特徴としてとりあげている。

一方、2006年中に都道府県警察の相談窓口で受理したサイバー犯罪等に関する相談件数は61,467件で、前年(84,173件)と比べて27.0%減少した。減少の多くはワンクリック請求を中心とする「詐欺・悪質商法」で、ある程度こうした犯罪が一般に認知されてきた結果と思われる。

http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h18/pdf34.pdf

《ScanNetSecurity》

PageTop

アクセスランキング

  1. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  2. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  3. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  4. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  5. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  6. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  7. 平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

    平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

  8. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

  9. 「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

    「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

  10. トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

    トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

ランキングをもっと見る