プライバシが重要と思いつつ、コスト・サービス重視の日本人--IPA調査(IPA) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

プライバシが重要と思いつつ、コスト・サービス重視の日本人--IPA調査(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月13日、インターネット上のサービスにおいて利用者の識別に用いられる電子的な識別子(eID)に関し、2009年度に実施した調査をもとに、セキュリティ問題やプライバシ侵害などのリスクに対する利用者の考え方を分析・明確化、「e

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月13日、インターネット上のサービスにおいて利用者の識別に用いられる電子的な識別子(eID)に関し、2009年度に実施した調査をもとに、セキュリティ問題やプライバシ侵害などのリスクに対する利用者の考え方を分析・明確化、「eIDに対するセキュリティとプライバシに関する認知と受容の調査報告書」として公開した。EUにおいて同様の目的で実施された調査の結果と比較している。

報告書によると、日本人のインターネット利用におけるプライバシ侵害への懸念度合いは高いが、「プライバシを確保するためにブラウザのセキュリティ設定を変える」ことを行う市民が多いなど、EU市民はさらに強く懸念を感じている。また、日本人はプライバシを守るために自分自身で保護するよりも他人任せの傾向にあることも明らかになっている。さらに日本人は、プライバシを重要だと思いつつも、コストやサービスを重視していることも明らかになった。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20100813.html

《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  4. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  10. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

ランキングをもっと見る