5万件以上ダウンロードされた「偽Flash Player」(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

5万件以上ダウンロードされた「偽Flash Player」(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Google Play」上で9月4日前後から「Adobe Flash Player」の名称を偽装する不審なアプリが公開されていたことを確認したとブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
Google Play上に公開されていた「偽Adobe Flash Player」のイメージ
Google Play上に公開されていた「偽Adobe Flash Player」のイメージ 全 2 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は9月11日、Android向け正規アプリマーケットである「Google Play」上で、9月4日前後から「Adobe Flash Player」の名称を偽装する不審なアプリが公開されていたことが、同社の脅威調査機関である「Forward-looking Threat Research(FTR)」の調査から確認したとブログで発表した。同社の製品では、この「偽Flash Player」を「ANDROIDOS_REVMOB.A」としてすでに検出可能となっている。

アドビでは、すでにAndorid 4.1以降のバージョンへのFlash Playerの対応を終了しており、2012年8月15日にGoogle Play上での提供も終了している。攻撃者はこれに目をつけ、有効な攻撃手段としてFlash Playerの偽装を選択したものと考えられる。そして狙いは的中し、公開からFTRの調査時点までに5万件以上ダウンロードされていた。「ANDROIDOS_REVMOB.A」は、正規Web上の開発者向けアーカイブをダウンロードすることにより、表面的にはFlash Playerがインストールされ、ユーザが不審を抱かないような偽装がなされていた。詳細解析の結果、「ANDROIDOS_REVMOB.A」の最終的な目的はアドウェア活動による金銭利益ということが明らかになっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る