Node.js の HTTP パーサにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

Node.js の HTTP パーサにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性(Scan Tech Report)

Node.js の HTTP パーサには、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。リモートの第三者に悪用されると、メモリや CPU の消費によるサービス運用妨害 (DoS) 状態を引き起こす可能性があります。使用している Node.jsをアップデートすることで対策できます。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
1.概要
Node.js の HTTP パーサには、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。リモートの第三者に悪用されると、メモリや CPU の消費によるサービス運用妨害 (DoS) 状態を引き起こす可能性があります。使用している Node.jsをアップデートすることで対策できます。


2.深刻度(CVSS)
5.0
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?name=&vector=%28AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P%29&version=2


3.影響を受けるソフトウェア ※
Node.js 0.10.21 未満
Node.js 0.8.26 未満


4.解説
Node.js は、サーバサイドで動作する JavaScript の実行環境を提供するソフトウェアです。この Node.js の HTTP パーサに、サービス運用妨害 (DoS) 状態になる脆弱性が存在します。

攻撃者が、レスポンスを読み込まずに大量のパイプライン化された HTTP リクエストを Nodo.js が設置されたサーバに送信することで、当該サーバ上でメモリや CPU を過度に消費される可能性があります。

検証コードを実行すると、攻撃開始すぐに CPU 使用率が 90% 以上に上昇し、メモリ使用率が徐々に増加します。DoS 状態は細工したリクエストを処理している間のみです。細工したリクエストの送信を中断した後、しばらくするとサーバの負荷は攻撃前の状態に戻ります。

そのため、この脆弱性を悪用する攻撃は、継続的にリクエストを送信しつづける必要があると考えられます。Node.js のアップデートがすぐにできない場合は、一定期間に一定数のリクエストがあった場合に、WAF (Web Application Firewall)などで当該リクエストを遮断することで、被害を軽減することが可能です。


5.対策
下記の Web サイトから最新版を入手しアップデートすることで、この脆弱性
を解消することが可能です。

node.js
http://nodejs.org/


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー救急センタ- 脅威分析グループ

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

    埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

  2. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

    クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  3. メタップスペイメント 行政処分後のセキュリティ対応状況進捗

    メタップスペイメント 行政処分後のセキュリティ対応状況進捗

  4. 川崎市で誤廃棄を虚偽報告「全体の奉仕者としてふさわしくない非行」懲戒処分

    川崎市で誤廃棄を虚偽報告「全体の奉仕者としてふさわしくない非行」懲戒処分

  5. 警察庁が注意喚起、学術関係者を標的とした講演や取材依頼を偽装したサイバー攻撃

    警察庁が注意喚起、学術関係者を標的とした講演や取材依頼を偽装したサイバー攻撃

  6. WordPressプラグインAdvanced Custom Fieldsの脆弱性 発見者 イエラエ山崎氏解説

    WordPressプラグインAdvanced Custom Fieldsの脆弱性 発見者 イエラエ山崎氏解説

  7. Twitterの脆弱性で漏えいした540万人分の個人情報、ハッカーが一般公開

    Twitterの脆弱性で漏えいした540万人分の個人情報、ハッカーが一般公開

  8. 主治医による事情説明と謝罪を実施、東海大学医学部付属病院でSDカード紛失

    主治医による事情説明と謝罪を実施、東海大学医学部付属病院でSDカード紛失

  9. 4匹のサイバーセキュリティコンサルタント 最前線の知見を共有「Cyber Summit 2022」12/7-8 開催

    4匹のサイバーセキュリティコンサルタント 最前線の知見を共有「Cyber Summit 2022」12/7-8 開催PR

  10. 2022年の日本人の優しさを調査した社会実験、セキュリティ管理プラットフォーム S4 プロジェクト中間報告

    2022年の日本人の優しさを調査した社会実験、セキュリティ管理プラットフォーム S4 プロジェクト中間報告PR

ランキングをもっと見る