OpenBSD の創始者は、バグのある OpenSSL ライブラリを捨て、新たなものを作り出したい~Theo de Raadt にとっては、ひとつの Heartbleed の脆弱性が大問題(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

OpenBSD の創始者は、バグのある OpenSSL ライブラリを捨て、新たなものを作り出したい~Theo de Raadt にとっては、ひとつの Heartbleed の脆弱性が大問題(The Register)

「LibreSSL」プロジェクトのメンバーには、気難しいことで知られる創設者 Theo de Raadt が含まれている。彼は OpenSSL が「信頼できるチームによって開発されたものではない」プロジェクトであると公に批判している。

国際 TheRegister
Heartbleed のバグの大失敗をきっかけに、OpenBSD プロジェクトのメンバーたちは、「より信頼できるもの」と彼らが語る新たなバージョンを作成するため、人気の OpenSSL ライブラリから派生した別の独立型を開発している。

OpenSSL はオープンソースのソフトウェアだが、その全体の開発コミュニティは結局のところ、世界のウェブにパニックを引き起こした非常に深刻なバグを、まる 2 年間に渡って見逃してきたということになる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

  10. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る