いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register) | ScanNetSecurity
2019.12.16(月)

いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register)

修復されたばかりのバグを悪用する攻撃者に対抗するため、多種多様なサーバや、その他のインターネット接続したシステムをアップデートする必要があると、脆弱性管理会社 Rapid7 の Nicholas J. Percoco は語った。

国際 TheRegister
OpenSSL チームが、その広く利用されている暗号化ライブラリ(OpenSSL)に存在する 6 件のセキュリティ上の脆弱性に対処する修正を推し進めている。

これらのセキュリティホールには、暗号化された通信に盗聴を行うマンインザミドル(MITM)を可能とする欠陥や、リスク下にあるシステムに悪党がマルウェアを投下できる欠陥が含まれている。

DTLS Invalid Fragment(CVE-2014-0195、バージョン 0.9.8、1.0.0、1.0.1 に影響する)は、脆弱なアプリケーション、デバイス、サーバに悪意あるコードを注入する目的で利用される恐れがある。多くの場合、DTLS は TCP ではなく UDP の TLS 暗号化において、ビデオのライブストリームやボイスチャットなどを安全化する目的で用いられるものだ。

しかし、SSL/TLS MITM 脆弱性(CVE-2014-0224、潜在的にはすべてのクライアントと、1.0.1 および 1.0.2-beta1 を実行するサーバに影響する)は、さらに悪質である可能性が高い。OpenSSL のアドバイザリは以下のように説明している:

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

    「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

  2. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  3. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  4. マイクロソフトが12月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが12月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  5. 行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

    行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

  6. 職員がWebサイトの偽の警告画面に従って遠隔操作用ソフトをダウンロード(東京防災救急協会)

    職員がWebサイトの偽の警告画面に従って遠隔操作用ソフトをダウンロード(東京防災救急協会)

  7. Appleが7製品11バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN)

    Appleが7製品11バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  8. 従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

    従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

  9. アカウント更新や口座の制限解除を理由に誘導する、みずほ銀行偽メール(フィッシング対策協議会)

    アカウント更新や口座の制限解除を理由に誘導する、みずほ銀行偽メール(フィッシング対策協議会)

  10. WordPress用プラグイン「Custom Body Class」に複数の脆弱性(JVN)

    WordPress用プラグイン「Custom Body Class」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る