いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register)

修復されたばかりのバグを悪用する攻撃者に対抗するため、多種多様なサーバや、その他のインターネット接続したシステムをアップデートする必要があると、脆弱性管理会社 Rapid7 の Nicholas J. Percoco は語った。

国際 TheRegister
OpenSSL チームが、その広く利用されている暗号化ライブラリ(OpenSSL)に存在する 6 件のセキュリティ上の脆弱性に対処する修正を推し進めている。

これらのセキュリティホールには、暗号化された通信に盗聴を行うマンインザミドル(MITM)を可能とする欠陥や、リスク下にあるシステムに悪党がマルウェアを投下できる欠陥が含まれている。

DTLS Invalid Fragment(CVE-2014-0195、バージョン 0.9.8、1.0.0、1.0.1 に影響する)は、脆弱なアプリケーション、デバイス、サーバに悪意あるコードを注入する目的で利用される恐れがある。多くの場合、DTLS は TCP ではなく UDP の TLS 暗号化において、ビデオのライブストリームやボイスチャットなどを安全化する目的で用いられるものだ。

しかし、SSL/TLS MITM 脆弱性(CVE-2014-0224、潜在的にはすべてのクライアントと、1.0.1 および 1.0.2-beta1 を実行するサーバに影響する)は、さらに悪質である可能性が高い。OpenSSL のアドバイザリは以下のように説明している:

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  3. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  4. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  5. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  6. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  7. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

  9. 優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

    優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

  10. HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

    HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

ランキングをもっと見る