ドメイン名ハイジャックの被害を確認、誘導先サイトにマルウェアも(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

ドメイン名ハイジャックの被害を確認、誘導先サイトにマルウェアも(JPRS)

JPRSは、国内の組織が運用する複数の.comサイトが、ドメイン名の登録情報の不正書き換えによるドメイン名ハイジャックの被害を受けたという情報を入手したとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ネームサーバ情報の不正書き換えの流れ
ネームサーバ情報の不正書き換えの流れ 全 1 枚 拡大写真
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は11月5日、国内の組織が運用する複数の.comサイトが、ドメイン名の登録情報の不正書き換えによるドメイン名ハイジャックの被害を受けたという情報を入手したとして、注意喚起を発表した。この攻撃手法では、レジストリに登録されたネームサーバ情報を書き換えることで、正規のサイトを直接攻撃することなく、攻撃者が準備した偽サイトに利用者のアクセスを誘導する。

今回の事例では、誘導先の偽サイトに攻撃者によるメッセージや政治的スローガンなどを表示するような従来の示威行為とは異なり、偽サイトから特定の利用者に対しマルウェアの注入を図る行為が実行されていたという。Webサイトのみにとどまらず、その閲覧者も直接の攻撃対象となっている。

JPRSでは現時点において、JPドメイン名がこうした攻撃の対象となったという情報は入手していないとしているが、この攻撃手法はレジストリ・レジストラモデルを採用するすべてのTLDに適用可能であり、JPドメイン名を含む各TLDにおいて、適切な対策を考慮・実施する必要があるとしている。JPRSでは対策として、各システムにおける脆弱性対策・情報漏えい対策、アカウント管理の適正化、レジストリロックの設定などを挙げている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  3. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  4. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  5. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  6. 不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

    不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

  7. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  8. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  9. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  10. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

ランキングをもっと見る