当初の計画より縮小して大阪駅一帯の防犯・監視カメラによる顔識別の実証実験を再開(NICT) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

当初の計画より縮小して大阪駅一帯の防犯・監視カメラによる顔識別の実証実験を再開(NICT)

2014年11月7日、独立行政法人情報通信研究機構は、JR大阪駅一帯に設置された防犯・監視カメラによる顔識別の実証実験を再開すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
12基のハブにネットワークカメラ92台を接続し、現地サーバルームを経由して情報通信研究機構内の設備で人の特定と流動を演算する(画像は同団体参考資料より)。
12基のハブにネットワークカメラ92台を接続し、現地サーバルームを経由して情報通信研究機構内の設備で人の特定と流動を演算する(画像は同団体参考資料より)。 全 2 枚 拡大写真
 2014年11月7日、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は、JR大阪駅一帯に設置された防犯・監視カメラによる顔識別の実証実験を再開すると発表した。当初の計画からは規模を大幅に縮小している。

 本計画は2013年11月に発表され、JR西日本・大阪ターミナルビルの協力の下、災害時の安全対策などへの利用を目的に、顔認識技術を用いて人の流動などを把握することを目的としている。具体的には大阪ステーションシティに90台のカメラを設置し、それを活用した実証実験が今月から行われる予定だった。だが、プライバシー侵害などが懸念され、第三者委員会による検討などを踏まえて延期となっていたものだ。

 当面は夜間に施設の一般利用者が入れないエリア内に限定した上で、文書による同意を得たエキストラのみを対象とした実験となっている。

JR大阪駅周辺で防犯カメラによる顔識別実験が再開される

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  2. 中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

    中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

  3. イシバシ楽器WebサーバにSQLインジェクション攻撃、約10万件の会員メールアドレスが流出

    イシバシ楽器WebサーバにSQLインジェクション攻撃、約10万件の会員メールアドレスが流出

  4. フィッシング攻撃で悪用される「ミスリードURL」と「ホモグラフ攻撃」について解説

    フィッシング攻撃で悪用される「ミスリードURL」と「ホモグラフ攻撃」について解説

  5. Android アプリ「ジモティー」に外部サービスの API キーがハードコードされている問題

    Android アプリ「ジモティー」に外部サービスの API キーがハードコードされている問題

  6. ペットメーカー「マルカンオンラインショップ」に不正アクセス、1,152名のカード情報が流出

    ペットメーカー「マルカンオンラインショップ」に不正アクセス、1,152名のカード情報が流出

  7. 2021年総括/中国APTが中国国内企業を攻撃/華為スパイ活動マーケ資料 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    2021年総括/中国APTが中国国内企業を攻撃/華為スパイ活動マーケ資料 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  8. 日本航空電子工業ファイルサーバに不正アクセス、詳細は調査中

    日本航空電子工業ファイルサーバに不正アクセス、詳細は調査中

  9. 旧「馬野化学容器株式会社ネットショップ」に不正アクセス、191名分のカード情報が流出

    旧「馬野化学容器株式会社ネットショップ」に不正アクセス、191名分のカード情報が流出

  10. 知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」

    知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」

ランキングをもっと見る