香港の民主化サイトが中国のサイバーツールキットで DDoS 攻撃を受ける~いま我々は「中国政府による攻撃だ」とは言わないが…(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

香港の民主化サイトが中国のサイバーツールキットで DDoS 攻撃を受ける~いま我々は「中国政府による攻撃だ」とは言わないが…(The Register)

「中国を拠点とした APT 攻撃の攻撃手たち」と、「香港の抗議運動に対する DDoS攻撃の活動」の双方で利用されるツールやインフラが重複していることを、FireEye が発見している。

国際 TheRegister
セキュリティ企業 FireEye の新たな研究によると、「以前、中国のサイバースパイ攻撃と繋がりがあるとされたインフラ」と同じインフラを利用したハッキングが、香港で民主主義を推進している団体に対して行われているという。

「Occupy Central Pro Democracy 運動」を推進する複数のサイト(Next Media による Apple Daily や、HKGolden のフォーラムなども含まれる)が、DDoS 攻撃の被害を受けてきた

Next Media の Apple Daily に対する攻撃は、ウェブサイトに影響を与えただけでなく、「同社のメールシステムを何時間にも渡ってダウンさせた」という。

紛争時の政治的なツールとして DDoS 攻撃が用いられることは、特に目新しい話ではない。愛国的なハクティビスト団体は、ライバルにあたる政治的団体を制圧するための手段として、それを頻繁に利用している。今回の DDoS 攻撃の目的は、言論の自由を沈黙させ、香港で民主化運動を抑制することであるように見える。したがって中国政府が、その容疑者となるのは明らかだ。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る