「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA) | ScanNetSecurity
2020.08.09(日)

「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA)

JNSAとOWASPの日本支部であるOWASP Japanは、「脆弱性診断士スキルマップ(Webアプリケーション)」を作成、公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
脆弱性診断士スキルマップ(一部)
脆弱性診断士スキルマップ(一部) 全 1 枚 拡大写真
特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とOpen Web Application Security Project(OWASP)の日本支部であるOWASP Japanは12月24日、「脆弱性診断士スキルマップ(Webアプリケーション)」を作成、公開した。これは、JNSAの日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)セキュリティオペレーションガイドラインワーキンググループと、OWASP Japan主催の共同ワーキンググループである「脆弱性診断士(Webアプリケーション)スキルマッププロジェクト 2014」により作成されたもの。

脆弱性診断士は、高い倫理を持ち、適切な手法でITシステムの脆弱性診断を行える者であり、脆弱性診断士スキルマップで求める技術や知識を保有している者に対して与えられる呼称。脆弱性診断士は、脆弱性診断業務に従事する者が全員知っておくべき技能(Silverランク)と、単独で診断業務を行うために必要な技能(Goldランク)を定義した2つのランクに分けている。これらを通じて、脆弱性診断士の地位向上、待遇改善、給与向上につながることを目指すとしている。また、脆弱性診断士が魅力ある職業として認知されることにより、セキュリティ事業を志す優秀な人材が増えることを期待するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  2. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  3. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

    COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

  5. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  6. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  7. いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

    いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

  8. テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI)

    テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI)

  9. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  10. 「三越伊勢丹オンラインストア」「エムアイカード ホームページ」にパスワードリスト型攻撃(三越伊勢丹)

    「三越伊勢丹オンラインストア」「エムアイカード ホームページ」にパスワードリスト型攻撃(三越伊勢丹)

ランキングをもっと見る