米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.12.01(火)

米国の航空交通管制システムは「ハッカーに脆弱」~「コンピュータへの不正アクセスの防止と検出における弱点」(The Register)

この調査報告の結果における「最も不吉な解釈」としては、テロリストたちが、「サイバー 9/11」を開始する手段に、これらの欠陥を利用するかもしれないとニューヨークの民主党員は警告した。

国際 TheRegister
米政府の監査によると、米国の航空交通管制システムは、ハッカーに対して潜在的に脆弱であるという。

政府会計検査院(以下 GAO)が作成した、この48 ページの報告書(PDF)は、連邦航空局(以下 FAA)が「関連する政府の基準、とりわけ米連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)、および米国立標準技術研究所(NIST)のコンプライアンスに準拠していない」と非難している。

その報告書は、具体的な脆弱性に関する言及を省略し、代わりに「改善しなければならない技術の領域」に光を当てた。「ユーザーの識別と認証」「データ保護」「アクセス制御」「暗号化」の全てが、そのリストに挙げられている。報告書の抜粋を以下に掲載しよう:

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

    三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

  2. NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起

    NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起

  3. 総務省、公にしないとの条件で提供された情報を誤添付しメール送信

    総務省、公にしないとの条件で提供された情報を誤添付しメール送信

  4. 「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

    「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 撤去作業した「ハローワークシステム」バックアップ媒体が所在不明

    撤去作業した「ハローワークシステム」バックアップ媒体が所在不明

  7. 「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

    「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

  8. 「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

    「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

  9. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

    カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  10. 6つのインシデント事例から考えるクラウドのセキュリティ対策、追加開催決定(SHIFT SECURITY)

    6つのインシデント事例から考えるクラウドのセキュリティ対策、追加開催決定(SHIFT SECURITY)PR

ランキングをもっと見る