CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2019.12.07(土)

CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン)

回答者は1人に1台のPCが用意され、仮想の製薬会社のSOCチームとして問題を解いていく。ツールとして、「RSA Security Analytics」や「RSA ECAT」を利用できる。制限時間は2時間。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
会場となった EMC 川崎ラボラトリ トレーニングルーム
会場となった EMC 川崎ラボラトリ トレーニングルーム 全 3 枚 拡大写真
EMCジャパン株式会社は2月23日、同社川崎ラボラトリのトレーニングルームにおいてRSAサイバーセキュリティワークショップ「Capture The Flag Workshop」を開催した。このワークショップは2015年3月、9月に続き3回目の開催となるもの。今回初めて、一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が後援している。

同社RSA事業本部 マーケティング部の部長である水村明博氏によると、ワークショップの最大の目的はサイバーセキュリティ技術者の育成であり、そのために「Capture The Flag(CTF)」という名前がついているが一般的なサーバの攻守ではなく、通信パケットに隠されたインシデントを発見し原因を突き止め、対処するまでの技術を競うものとなっているという。CTFというよりSOCのシミュレーションという感じだ。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

    メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

  2. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  3. マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

    マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

  4. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  5. 「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

    「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

  6. CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

    CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

  7. 企業は賞金稼ぎとどう向き合えばいいのか ~ バグバウンティを考えるなら知っておきたいこと

    企業は賞金稼ぎとどう向き合えばいいのか ~ バグバウンティを考えるなら知っておきたいこと

  8. UTMのマネージドサービス、FortiGateとPAシリーズ対象(エイチ・シー・ネットワークス)

    UTMのマネージドサービス、FortiGateとPAシリーズ対象(エイチ・シー・ネットワークス)

  9. ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞く

    ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞くPR

  10. 休暇中の上司にメール転送、アドレスの入力誤りで個人情報が流出(北海道)

    休暇中の上司にメール転送、アドレスの入力誤りで個人情報が流出(北海道)

ランキングをもっと見る