米Tanium社の大規模企業向け脅威検出ソフトウェアを販売開始(ネットワンシステムズ) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

米Tanium社の大規模企業向け脅威検出ソフトウェアを販売開始(ネットワンシステムズ)

ネットワンシステムズは、米Tanium社と販売代理店契約を締結し、「Tanium Endpoint Platform」を販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ネットワンシステムズ株式会社は3月30日、米Tanium社と販売代理店契約を締結し、「Tanium Endpoint Platform」を同日より販売開始したと発表した。同製品は、PCやサーバなどの端末に存在するセキュリティ脅威をリアルタイムで検出し、対処を可能にする大規模企業向けのソフトウェア。この可視化・制御にかかる時間を、端末同士がリレー方式で情報伝達する独自技術によって高速化している。

同製品では、検索エンジンの要領で質問を入力することで、即座に該当する端末を検出、感染端末の隔離、実行中の不審なプロセスの停止、疑わしいアプリケーションのアンインストールなど、多彩な対処を可能にする。また、マルウェア検出時の対処だけでなく、全端末のセキュリティ状態を確認して一斉にパッチを当てるなど、セキュリティ状態を高度に保つことができるとしている。提供価格は、端末1台あたり年額4,900円から(税抜)で、同社では初年度の売上目標を3億円としている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  9. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る