自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29)

スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
自動運転車(参考画像)
自動運転車(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

今後、ガイドラインについては、2017年3月開催予定の次回WP29第171回会合に上程、審議され、成立する見込み。

ガイドラインの要件は、データの操作、誤用に対抗する適切な保護の確実な実施、世界標準の通信技術によるデータ及び通信の暗号化、データ保護・セキュリティに関する独立し、認可された審査による証明について明示した。

データ保護では、情報主体(運転者)に対する収集情報の説明、情報主体の同意、個人情報の収集・処理の限定、情報主体による同意取り下げに係る権利の確保について。

自動運転者の接続・通信の安全確保については、車外のネットワークから車内の制御系ネットワークが影響を受けないこととする。システムの機能不全時の「セーフモード」を備えること。サイバー攻撃による不正操作を検知した時は、運転者に警告の上、車両を安全にコントロールすることとする。

通信利用型自動運転車へのリモートアクセスに関するオンラインサービスでは、強力な相互承認が必要とする。

自動運転のサイバーセキュリティとデータ保護、国連でガイドラインを策定

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

    社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

  2. プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

    プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

  3. 新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

    新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

  4. ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

    ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

  5. 楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  6. 電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

    電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

  7. レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

    レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

  8. オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

    オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

  9. ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

    ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

  10. 「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

    「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

ランキングをもっと見る