書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前

USCYBERCOM (アメリカサイバー軍) 以前のアメリカでは、ほとんどの政治家と官僚に正しい認識がなかったと言っていいだろう。従って USCYBERCOM 以前は、ごく少数の人々による苦闘の歴史だ。

調査・レポート・白書・ガイドライン ブックレビュー
書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前
書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前 全 1 枚 拡大写真
USCYBERCOM (アメリカサイバー軍) 以前のアメリカでは、ほとんどの政治家と官僚に正しい認識がなかったと言っていいだろう。従って USCYBERCOM 以前は、ごく少数の人々による苦闘の歴史だ。

決してアイデアや技術で遅れていたわけではない。組織的に対応していなかったのである。

たとえば、1967年 4月 (ARPANET 誕生直前) に Wilis Ware というエンジニアは、「 Security and Privacy in Comupter Systems 」と題する、政府ネットワークへのハッキングの危険性についての論文を書いた。そこではネットワークによる資源の共有とオンラインによってリスクが発生すると指摘されていた。1996年には NATO のウォーゲームでサイバー攻撃のシミュレーションを行っていたコンピュータ研究者 Matt Devost が「 Information Terroism: Can you Trust Your Toasterr? 」(共著) を著した。これは今日の IoT のセキュリティリスクそのものずばりの内容だ。

アメリカ政府が動き出したのは、ロナルド・レーガン大統領が映画「ウォーゲーム」を観てショックを受けたところからだ。1983年 6月 4日、彼はホワイトハウスの会議で「これってほんとにありうるの?」と訊ね、居並ぶ人々は即答できなかった。調査ののち、Jack Vessey 将軍が「はい。現実にはもっとひどいことが起こります」との回答し、事態を重くみたレーガンは NSDD-145 (National Policy on Telecommunications and Automated Information Systems Security) にサインした。アメリカ政府として、サイバーセキュリティに取り組むことがここで決まり、Computer Security Centerも設立された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《一田 和樹》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る