書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実 | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実

私が本書を読んでもっとも驚いたのは、予算をつけても国家のサイバー戦能力の向上と維持には、さほど役にたたないという点だ。

調査・レポート・白書 ブックレビュー
書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実
書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実 全 3 枚 拡大写真
ここまで見てきたように本書は、文字通り歴史を綴ったノンフィクションであり、これまで語られなかった (特に日本においては) サイバー戦争の裏側を紹介している。

技術についての説明は最小限にとどめ、その代わりに関係する人物や組織についての記述が多い。これは非常に助かる。というのは、ニュースや日本語訳された資料を見ただけでは、関係者の来歴がつかめないことが多いからだ。その人物がNSAの幹部職とサイバー軍需企業の役員を何度も務めたことがあるとか、空軍の情報関係部署出身なのかなど知ることによって見えてくれる風景は変わってくる。史的事実と関係者の情報の辞書としてとても役にたつ。

私が本書を読んでもっとも驚いたのは、予算をつけても国家のサイバー戦能力の向上と維持には、さほど役にたたないという点だ。国家におけるサイバー戦の位置づけを明確にし、それが重要であるなら能力ある人物を継続的に中枢におき、権限を与える必要がある。それなしに、予算や組織や人材開発に予算をつぎ込んでも一過性のもので終わってしまう。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《一田 和樹》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

    社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

  2. プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

    プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

  3. 新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

    新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

  4. ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

    ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

  5. 楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  6. 電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

    電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

  7. レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

    レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

  8. オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

    オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

  9. ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

    ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

  10. 「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

    「ジョブならnet」に設定誤り、企業と応募者にメールアドレスが流出(奈良県)

ランキングをもっと見る