CIA謹製ツール、マルウェア難読化や出所を中国に偽装する機能(The Register) | ScanNetSecurity
2020.02.19(水)

CIA謹製ツール、マルウェア難読化や出所を中国に偽装する機能(The Register)

このテクノロジーを使うと、ウィルス対策ソフトのメーカーやセキュリティ研究者がCIA製マルウェアを解析しにくくなる。つまりこのツールは、マルウェアの出所を分かりにくくすることを目的としている。

国際 TheRegister
4月14日、ウィキリークスが漏洩CIA文書の第三弾を公開した。今回の公開ではアンチフォレンジックツールに焦点が当たっている。

ヴォールト7と呼ばれるこれらの文書のうち、過去2回はCIAのハッキングツールのマニュアルや付属文書が公開された。3月7日に公開された文書第一弾では、各種デバイスに侵入する際にCIAが用いている、セキュリティ上の弱点についての解説が行われた。対象となっているデバイスは、Androidスマホ、AppleのiPhone、サムスンのテレビ、Windows PC、Mac、その他だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  2. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

  3. 攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

    攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

  4. 上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

    上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

  5. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  6. 「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

    「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

  7. タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

    タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

  8. マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  9. 不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

    不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

  10. サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

    サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る