モバイルマルウェアの倍増とMac向けアドウェアによりマルウェアが増加(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

モバイルマルウェアの倍増とMac向けアドウェアによりマルウェアが増加(マカフィー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

マカフィー株式会社は6月27日、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」を発表した。なお、同レポートは英語版であり、同社では日本語版を準備中であるとしている。レポートによると、同四半期にMcAfee Labsが新たに検知したサイバー上の脅威は1分あたり244件、1秒あたり約4件であった。また、同四半期に一般開示されたセキュリティインシデントは301件で、前四半期から53%増加。医療、公共、教育部門がその半数以上を占めた。

マルウェア全体では、同四半期の新規サンプル数は3,200万個と増加に転じた。特にモバイルマルウェアが倍増しており、世界での感染率は57%上昇している。特にインドで検知された「Android/SMSreg」により拡散したと思われる不正プログラムの増加が顕著であったという。また、アドウェアの過剰供給により新しいMac OSマルウェアが急増した。

またレポートでは、「パスワード窃取マルウェア『Fareit』の起源とその内部での挙動」「マルウェア作成者が利用する検知回避技法の30年にわたる進化の歴史」「検知回避技法としてのステガノグラフィー(電子迷彩技術)の特性」などについても解説している。

《吉澤 亨史》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  4. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  5. Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

    Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

  6. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

    2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  7. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

    公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  8. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

    捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  9. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

    「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  10. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

ランキングをもっと見る
PageTop