モバイルマルウェアの倍増とMac向けアドウェアによりマルウェアが増加(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

モバイルマルウェアの倍増とMac向けアドウェアによりマルウェアが増加(マカフィー)

マカフィーは、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は6月27日、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」を発表した。なお、同レポートは英語版であり、同社では日本語版を準備中であるとしている。レポートによると、同四半期にMcAfee Labsが新たに検知したサイバー上の脅威は1分あたり244件、1秒あたり約4件であった。また、同四半期に一般開示されたセキュリティインシデントは301件で、前四半期から53%増加。医療、公共、教育部門がその半数以上を占めた。

マルウェア全体では、同四半期の新規サンプル数は3,200万個と増加に転じた。特にモバイルマルウェアが倍増しており、世界での感染率は57%上昇している。特にインドで検知された「Android/SMSreg」により拡散したと思われる不正プログラムの増加が顕著であったという。また、アドウェアの過剰供給により新しいMac OSマルウェアが急増した。

またレポートでは、「パスワード窃取マルウェア『Fareit』の起源とその内部での挙動」「マルウェア作成者が利用する検知回避技法の30年にわたる進化の歴史」「検知回避技法としてのステガノグラフィー(電子迷彩技術)の特性」などについても解説している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

    “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

  2. 仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

    仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

  3. サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進む

    サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進むPR

  4. サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

    サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

  5. 新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

    新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

  6. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  7. 夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制

    夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制PR

  8. MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

    MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

  9. 受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

    受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

  10. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

ランキングをもっと見る