オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

PC・スマホ連携機能のシステムイメージ
PC・スマホ連携機能のシステムイメージ 全 1 枚 拡大写真
富士通株式会社は9月11日、「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス(オンライン生体認証サービス)」の機能を強化し、同日より提供を開始したと発表した。価格は個別見積。同サービスは、次世代オンライン認証規格「Fast IDentity Online(FIDO(ファイド)認証)」に準拠したセキュアで利便性の高いオンラインサービスを実現するサービス。

業務で使用するWindows PCに生体認証機能が搭載されていなくても、会社支給や個人所有の生体認証機能付きスマートフォンに専用のアプリケーションをインストールし、認証時にPCに表示されるQRコードをアプリで読み込むことで、PCと連携したFIDO認証を行うことが可能となる。また、USBキーやICカードなどの外部デバイスを用いて二要素認証を行う「U2F」認証にも対応している。同社では、2018年度までに1,000万IDの獲得を目指すとしている。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

    米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. 8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー]

    8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー]

  4. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

    最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

  5. デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

    デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

  6. ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、メキシコでの大規模乗っ取りで急増(横浜国立大学、BBソフトサービス)

    ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、メキシコでの大規模乗っ取りで急増(横浜国立大学、BBソフトサービス)

  7. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 3 回「通信密室」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 3 回「通信密室」

  9. 比較的少ない400ノードで毎秒75Gbpsという今期最強のDDoS攻撃を発生(アカマイ)

    比較的少ない400ノードで毎秒75Gbpsという今期最強のDDoS攻撃を発生(アカマイ)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

ランキングをもっと見る
PageTop