富士通研究所 | ScanNetSecurity
2021.01.18(月)

富士通研究所

富士通研究所記事一覧

超高圧縮映像からAIで内容を認識する圧縮技術を開発 画像

超高圧縮映像からAIで内容を認識する圧縮技術を開発

製品・サービス・業界動向
富士通研究所、AIをだますサイバー攻撃の耐性強化技術開発 画像

富士通研究所、AIをだますサイバー攻撃の耐性強化技術開発

製品・サービス・業界動向
ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所) 画像

ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
車載ネットワークのCANメッセージのズレに着目、サイバー攻撃検知(富士通研究所) 画像

車載ネットワークのCANメッセージのズレに着目、サイバー攻撃検知(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所) 画像

マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通) 画像

オンライン生体認証サービスを機能強化、スマホでのFIDO認証を可能に(富士通)

製品・サービス・業界動向
スマホの生体認証とFIDOで、IoT機器を介したクラウドサービス認証を容易に(富士通研究所) 画像

スマホの生体認証とFIDOで、IoT機器を介したクラウドサービス認証を容易に(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
モバイル端末に搭載できるスライド式の手のひら静脈認証技術を開発(富士通研究所) 画像

モバイル端末に搭載できるスライド式の手のひら静脈認証技術を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
トラフィックから攻撃を短時間で抽出、俯瞰図を描画する検出技術を開発(富士通研究所) 画像

トラフィックから攻撃を短時間で抽出、俯瞰図を描画する検出技術を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発(富士通、富士通研究所) 画像

やり取り型の標的型メール攻撃をリアルタイムに検知する技術を開発(富士通、富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所) 画像

IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所) 画像

手のひら静脈などの生体情報を安全に暗号鍵として利用できる技術を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
既存の光ファイバーを利用しサーバ間光通信を長距離化する技術を新開発(富士通研究所) 画像

既存の光ファイバーを利用しサーバ間光通信を長距離化する技術を新開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
ファイル共有サーバ利用時における新たなデータ転送高速化技術を開発(富士通研究所) 画像

ファイル共有サーバ利用時における新たなデータ転送高速化技術を開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
WebアプリのUI処理とデータ処理を自動で分離、安全性と操作性を両立(富士通研究所) 画像

WebアプリのUI処理とデータ処理を自動で分離、安全性と操作性を両立(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発、消費電力を約70%削減(富士通研究所) 画像

ICTを活用して下水道氾濫の兆候を低コストに検知する技術を開発、消費電力を約70%削減(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所) 画像

PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) 画像

準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向
銀行が手のひら認証キットを振りかざす――それは切断された手に反応しない~アイデンティティ詐欺と戦うための新たな決済システムとは(The Register) 画像

銀行が手のひら認証キットを振りかざす――それは切断された手に反応しない~アイデンティティ詐欺と戦うための新たな決済システムとは(The Register)

国際
もっと見る
PageTop