ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント) | ScanNetSecurity
2021.05.08(土)

ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

アズジェントは、イスラエルのDEEP INSTINCT社と販売契約を締結し、次世代エンドポイントマルウェア対策製品「Deep Instinct」の販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
D-Clientのアラート画面
D-Clientのアラート画面 全 1 枚 拡大写真
株式会社アズジェントは9月13日、イスラエルのDEEP INSTINCT, Ltd.(ディープ インスティンクト)と販売契約を締結し、DEEP INSTINCT社の次世代エンドポイントマルウェア対策製品「Deep Instinct」の販売を開始すると発表した。Deep Instinctは、セキュリティで世界で初めて、ニューラルネットワークを用いたディープラーニングにより、被害が発生する前に脅威を検知、防御するNGEPP(次世代エンドポイントプロテクション)製品。

Deep Instinctは、D-Brain(リサーチラボ)、D-Appliance(管理モジュール)、D-Client(クライアントエージェント)から構成される。D-Brainは、DEEP INSTINCT社のリサーチラボであり、ディープラーニングによるマルウェアの学習を行い、その結果を3カ月ごとに予測モジュールに反映する。D-Applianceは、D-Brainの作成した予測モジュールを各端末に配布し管理するモジュール。クラウドとオンプレミスの双方に対応し、Microsoft AzureのOMSと連携でD-Clientのログの一元管理も可能になる。

D-Clientは、クライアントエージェント。メモリ使用率が低いため端末のパフォーマンスに影響を及ぼさず、主要なアンチウイルス製品との協調可動が可能。販売価格は、1端末あたり年額8,500円(税別、100端末の場合)。アズジェントでは、D-Clientが日本語化されたDeep Instinct(Microsoft Azure対応版含)を2017年11月より販売開始し、初年度7億円の販売を目指すとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

    ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

  2. 実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

    実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

  3. 千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

    千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

  4. Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

    Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

  5. 教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

    教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

  6. Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

    Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

  7. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  8. 佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

    佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

  9. ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

    ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

  10. トヨタカローラ滋賀Facebookアカウントへ不正アクセス、動画メッセージ多数送信

    トヨタカローラ滋賀Facebookアカウントへ不正アクセス、動画メッセージ多数送信

ランキングをもっと見る