Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

国際 TheRegister

最終更新:インテルCPUに含まれる根本的な設計上の欠陥により、チップレベルでのセキュリティバグを無力化するため、LinuxカーネルやWindowsカーネルが重大な再設計を余儀なくされている。

プログラマたちは、オープンソースLinuxカーネルの仮想メモリシステムのオーバーホールに大急ぎで取り組んでいる。一方、Microsoft社は、近いうちに火曜日のパッチで同社のWindowsオペレーティングシステムに必要な変更を一般提供すると見込まれている。これらの変更は、11月および12月のWindows InsiderビルドFast Ringを使用しているベータ・テスタ向けにはすでに公開されている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《The Register》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  2. メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

    メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

  3. Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

    Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

  4. Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

    「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

  6. 不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

    不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

  7. 第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

    第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

  8. Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

    Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

  9. 海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

    海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

  10. Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

    Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る