不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

警察庁は、同庁のセンサーに対するアクセス観測状況をまとめた「平成29年12月期観測資料」を「@police」において公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン ブックレビュー
宛先ポート別検知件数(今期順位)
宛先ポート別検知件数(今期順位) 全 3 枚 拡大写真
警察庁は1月12日、同庁のセンサーに対するアクセス観測状況をまとめた「平成29年12月期観測資料」を「@police」において公開した。これによると、センサーに対するアクセス件数は、1日・1IPアドレスあたり1,966.8件で、11月期(前期)から73.6件(3.6%)減少した。発信元IPアドレス数は、1日あたり62,575.6個で、前期から3,534.5個(6.0%)増加している。

シグネチャで検知した不正侵入等の行為の件数は、1日・1IPアドレスあたり862.8件で、前期から164.1件(23.5%)の増加。発信元IPアドレス数は1日あたり1,165.9個で、前期から110.4個(10.5%)増加した。DoS攻撃被害観測において検知した件数は、1日あたり51,707.6件で、前期から32,258.4件(165.9%)増加した。発信元IPアドレス数は1日あたり282.0個で、前期から59.2個(17.3%)減少している。

宛先ポート別の検知件数では、「23/TCP」「445/TCP」「22/TCP」「1433/TCP」「2323/TCP」がトップ5となっており、発信元国・地域別検知件数では「中国」「米国」「ロシア」「日本」「チリ」がトップ5であった。増加率では「コロンビア」(414.3%)、「エジプト」(151.6%)の増加が目立っている。攻撃手法では「Scan」「VoIP」「Scan(Password)」「DNS」「ICMP」の順で多かった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  3. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  4. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  5. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  6. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  7. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

    個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  8. 高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

    高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  9. 「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

    「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

  10. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

    スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

ランキングをもっと見る