ネットで起こるトラブル原因の2割は家族・友人(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

ネットで起こるトラブル原因の2割は家族・友人(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、オンラインリスクの経験とその影響に関する調査「Digital Civility Index(DCI)」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
国別DCIトップ10
国別DCIトップ10 全 3 枚 拡大写真
日本マイクロソフト株式会社は2月8日、オンラインリスクの経験とその影響に関する調査「Digital Civility Index(DCI:デジタルにおける礼儀正しさの指標)」の結果を発表した。同調査は2017年5月19日から6月7日にかけて、世界23カ国11,600名を対象に実施したもの。国際記念日「Safer Internet Day」に合わせて公開した。

グローバルの調査結果によると、世界で最も多いオンラインリスクは2年連続で「迷惑な接触」(41%:前年は43%)となった。2位は27%で「詐欺行為」であった。また、回答者の半数以上(53%)が現実世界で加害者に会ったことがあると述べている。これは、前年とほぼ同等の数字となっている。加害者に会ったことがある回答者の76%が、オンラインリスク発生前に会ったと回答している。

日本は、オンラインリスクの経験数が37%で、世界平均よりも28ポイント低く、23カ国の中で最も低い数値となった。また、回答者の21%が家族、友人、知り合いが加害者として関与したと答えている。さらに回答者の61%がオンラインリスクの経験後にも悪影響が残ったと回答し、具体的には「鬱状態になった」(39%)、「ストレスが増した」(28%)、「加害者を避けるために時間と労力を費やした」(26%)と答えている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  7. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る