ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

過去数年間、ランサムウェアがコンピューターユーザーを悩ませてきた。ランサムウェアはPCに感染すると、ファイルを暗号化した上で、文書を復元したければ仮想通貨で身代金を支払えと要求してくる。

国際 TheRegister
過去数年間、ランサムウェアがコンピューターユーザーを悩ませてきた。ランサムウェアはPCに感染すると、ファイルを暗号化した上で、文書を復元したければ仮想通貨で身代金を支払えと要求してくる。

通告された短い猶予時間の中で、仮想通貨を手に入れ、それを犯人側に転送するのはかなりの手間だった。加えて、そこまでしたとしても、犯人側が復号鍵を渡してくる保証はないのだ。アンチウイルスソフトやOSの機能も向上し、ランサムウェアの感染を防ぐ面で格段の進歩を見せている。そうしたことから、被害者が身代金を支払わないか、そもそも支払うような事態にならなくなってきた。

そこで犯罪者は中間層(つまり被害者である人間)を排除し、遠隔操作可能なマルウェアをマシンに感染させて秘密裏にアルトコインを採掘し、それを犯人側に転送しようと画策しはじめた。ある意味で予想できた展開だった。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る