WWWメールサービスが不正アクセスされ約36万件の迷惑メールを送信(京都教育大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

WWWメールサービスが不正アクセスされ約36万件の迷惑メールを送信(京都教育大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
国立大学法人京都教育大学は4月6日、 WWWメールサービスが不正アクセスされ学外へ多量の迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

これは2018年2月10日から11日にかけて、同本学が提供するWWWメールサービスの1件のアカウントに対して学外からの不正アクセスが行われ、当該アカウントから学外の約36万件のアドレスに迷惑メ
ールが発信されたというもの。迷惑メールは文面にURL情報を含むフィッシングメールのものだったとのこと。

原因としては、当該アカウントの利用者が、フィッシングメールのリンクをクリックしたことにより認証情報を窃取されて不正アクセスに使用された可能性が高いとのこと。

なお今回不正アクセスされた WWWメールサービスおよび学内の他のサービスからの、個人情報の流出の痕跡はないとのこと。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

    サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

  2. メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

    メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

  3. ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

    ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

  4. 「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

    「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

  5. 不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

    不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

  6. 長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

    長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

  7. マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

    マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

  8. 「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

    「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

  9. Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

    Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

  10. 内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

    内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

ランキングをもっと見る