「SoundEngine Free」のインストーラに任意コード実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「SoundEngine Free」のインストーラに任意コード実行の脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月12日、株式会社コードリウムが提供する「SoundEngine Free」のインストーラに、DLL読み込みに関する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。橘総合研究所の英利雅美氏が報告を行った。CVSS v3によるBase Scoreは7.8。

「SoundEngine Free ver. 5.21 およびそれ以前のインストーラ」には、DLLを読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定のDLLを読み込んでしまう脆弱性(CVE-2018-0562)が存在する。この脆弱性が悪用されると、インストーラを実行している権限で任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新のインストーラを使用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

    複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

  2. 県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

    県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

  3. [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

    [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

  4. NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

    NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

  5. 不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

    不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

  6. [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

    [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

  7. URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

    URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

  8. サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

    サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

  9. 20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

    20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

  10. セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

    セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

ランキングをもっと見る