メール誤送信で188名のアドレスが流出(公正取引委員会) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

メール誤送信で188名のアドレスが流出(公正取引委員会)

公正取引委員会は6月13日、同委員会事務総局九州事務所がメール送信の際、同報者のメールアドレスが表示される状態で誤送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
公正取引委員会は6月13日、同委員会事務総局九州事務所がメール送信の際、同報者のメールアドレスが表示される状態で誤送信したことが判明したと発表した。

これは6月12日11時14分に、九州事務所総務課から経済団体、学識経験者等188名に対して九州事務所が作成した広報誌「九州事務所ニュース」メール送信したところ、同日11時45分に当該メール受信者からの指摘を受け、本来宛先をBccに入力すべきところ誤ってToに入力してメール送信を行っていたことが判明したというもの。

なお、漏えいしたのメールアドレスのみで住所、電話番号等その他の個人情報は含まれていないとのこと。

九州事務所では同日15時25分に該当メールの削除をメールにて依頼済みとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  2. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  3. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  4. 業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

    業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

  5. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  6. 従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

    従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

  7. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  8. Microsoft Windows の iphlpsvc.dll におけるファイル作成処理の不備に起因する任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows の iphlpsvc.dll におけるファイル作成処理の不備に起因する任意のファイルが上書き可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  9. 「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

    「OpenSSL」に任意コード実行の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

  10. 行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

    行員が顧客からの要請に応じて別の顧客の情報を漏えい(北洋銀行)

ランキングをもっと見る