75万円からスポット利用できる「潜伏脅威診断サービス」(日商エレ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

75万円からスポット利用できる「潜伏脅威診断サービス」(日商エレ)

日商エレは、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サービスの概要
サービスの概要 全 1 枚 拡大写真
日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は8月14日、ICTインフラに隠れたサイバー攻撃を可視化する「潜伏脅威診断サービス」を同日より提供開始したと発表した。スポット利用が可能で、参考価格は1回あたり75万円から(税別)。同社は2018年度に20件、2020年度には50件の導入を目標としている。

同サービスは、日商エレが代理店として販売するVectra Networks社製「Xシリーズ」を活用し、ユーザに代わり企業インフラ内に潜伏した脅威を調査・診断するというもの。LAN内トラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化し、専門のセキュリティアナリストが監視結果を分析の上、対策の提案を含めた診断レポートを提供する。これにより、適切なセキュリティ強化策の検討および実行が可能となるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  2. 「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

    「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

  3. 架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

    架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

  4. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  5. 個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

    個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

  6. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  7. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  8. 「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

    「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

  9. OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

    OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

  10. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る