BCCのはずがTOへ、メール誤送信で貸会議室利用者1,875件のアドレス流出(サンフロンティア不動産) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.19(火)

BCCのはずがTOへ、メール誤送信で貸会議室利用者1,875件のアドレス流出(サンフロンティア不動産)

サンフロンティア不動産株式会社は9月26日、過去に同社の貸会議室を利用したことのある顧客の個人情報が流出したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
サンフロンティア不動産株式会社は9月26日、過去に同社の貸会議室を利用したことのある顧客の個人情報が流出したと発表した。

これは9月25日10:53頃に、同社の貸会議室を利用したことのある顧客に向けて新拠点開設に係わる案内メールを送信した際、本来BCCにメールアドレスを入力して送信すべきところ、誤って宛先(TO)に記載した状態で送信し、同日11:06にメールを受信した顧客から指摘を受け判明したというもの。

流出したのは、過去に同社が運営する貸会議室を利用した一部の顧客のメールアドレス1,875件で、住所や電話番号その他の個人情報は含まれていない。

同社では、対象の顧客に対して電話とメールにてお詫びとメール削除を依頼済み。
また本件について、個人情報保護委員会にも報告済みだが、現時点にて悪用されたとの指摘は無い。

同社では再発防止のために、複数の顧客に対してメールを一斉送信する際に遵守すべき事項を改めて全社員に周知徹底したとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研)

    「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研)

  2. 2018年後半の大規模障害にソフトバンクと東京証券取引所(IPA)

    2018年後半の大規模障害にソフトバンクと東京証券取引所(IPA)

  3. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソードPR

  4. 疑問その1「責任者 “監禁” ? あきらめきれないオンプレミス水準」~日商エレに聞く CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その1「責任者 “監禁” ? あきらめきれないオンプレミス水準」~日商エレに聞く CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  5. Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

    Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

  6. BECやランサムウェアも ~ 社会人向けセキュリティガイドブック無償提供(トレンドマイクロ)

    BECやランサムウェアも ~ 社会人向けセキュリティガイドブック無償提供(トレンドマイクロ)

  7. 「簡易CMS紀永」にシステム上の情報の取得や改ざんをされる脆弱性(JVN)

    「簡易CMS紀永」にシステム上の情報の取得や改ざんをされる脆弱性(JVN)

  8. SIMスロット搭載ノートPCの挿抜監視(オプティム)

    SIMスロット搭載ノートPCの挿抜監視(オプティム)

  9. 不正に機密情報を持ち出した社員を刑事告訴、3月7日付で書類送検に(アークレイ)

    不正に機密情報を持ち出した社員を刑事告訴、3月7日付で書類送検に(アークレイ)

  10. x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

    x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

ランキングをもっと見る