Webメールシステム「Denbun」に深刻な複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

Webメールシステム「Denbun」に深刻な複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、ネオジャパンが提供するWebメールシステム「Denbun」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月4日、株式会社ネオジャパンが提供するWebメールシステム「Denbun」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは9.8。影響を受けるバージョンは次の通り。

・Denbun POP 版 V3.3P R4.0 およびそれ以前
・Denbun IMAP 版 V3.3I R4.0 およびそれ以前
(CVE-2018-0680、CVE-2018-0681、CVE-2018-0682、CVE-2018-0683、CVE-2018-0686、CVE-2018-0687)

・Denbun POP 版 V3.3P R3.0 およびそれ以前
・Denbun IMAP 版 V3.3I R3.0 およびそれ以前
(CVE-2018-0684)

・Denbun POP 版 V3.3P R4.0 およびそれ以前
(CVE-2018-0685)

これらのバージョンには、ユーザアカウントに関する認証情報がハードコードされている問題(CVE-2018-0680)、管理設定画面に関する認証情報がハードコードされている問題(CVE-2018-0681)、セッション管理不備(CVE-2018-0682)、Cookie データの処理に起因するスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2018-0683)、multipart/form-data 形式データの処理に起因するスタックベースのバッファオーバーフロー(CVE-2018-0684)、メール検索に関する HTTP リクエストの処理における SQL インジェクション(CVE-2018-0685)、任意の実行ファイルをアップロード可能な脆弱性(CVE-2018-0686)、HTML メールの表示機能にクロスサイトスクリプティング(CVE-2018-0687)の脆弱性が存在する。

JVNでは、CVE-2018-0686はワークアラウンドによる対応が必要であるが、それ以外の脆弱性については最新版へのアップデートで脆弱性を解消できるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  7. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る